データから見る関西の保育事情

更新日:

関西の保育事情や、転職事情とは

今回は、関西圏内の保育事情や、その保育事情から見えてくる転職事情を紹介します。

関西圏内の保育事情や、転職事情とは

保育士として働く上で、「給与」や「立地」、「働きやすさ」というのは、重要な条件となります。

昨今は「保育士不足」や「待機児童」が社会問題となっていますが、誰でも、どこでも、保育士として採用されるという訳ではありません。

都道府県によっては、深刻な保育士不足な地域もあれば、比較的保育士確保が出来ているという地域もあります。そうなってくると、今の職場から転職を考える際には、「どこでも良い」という選択肢ではいけません。

今回は、関西圏内の保育事情や、その保育事情から見えてくる転職事情を紹介します。

 

関西圏内の保育士の平均年収と平均賞与

保育士の全国平均年収は「約326.7万円」で、平均賞与は「58.8万円」となっており、この数字は他業種の平均年収、賞与に比べるとかなり低い水準となっています。

この給与面の低さも「保育士不足」の大きな原因の一つとも考えられます。 保育士の平均年収、平均賞与は地域によってもばらつきがあるので、今回は関西圏内の保育士の平均年収と平均賞与を表にまとめました。

 

都道府県 平均年収 平均賞与
大阪府 335.0万円 66.2万円
京都府 419.9万円 85.7万円
兵庫県 338.5万円 61.0万円
滋賀県 307.1万円 48.6万円
奈良県 321.9万円 48.3万円
和歌山県 291.8万円 55.9万円

 

比較的、関西圏内の保育士の平均年収、平均賞与は全国平均を上回っています。 関西圏内で保育士として働く事を考えている人は、一つの目安となるでしょう。

関西圏内の保育者数と、平均勤続年数

全国の保育士登録数が約26万8千人で、平均勤続年数は7.7年となっています。

一度職に就いて定年まで働くという人もいる中、この勤続年数「7.7年」という数字は決して長い数字ではありません。 全国の平均年収よりも高い地域の方が、続ける保育士が多いのか、保育士の数も多いのか、気になる保育士人口を表にまとめました。

 

都道府県 保育者数 平均勤続年数
大阪府 14750人 9.2年
京都府 2700人 10.4年
兵庫県 12030人 6.2年
滋賀県 3870人 7.2年
奈良県 1690人 6.2年
和歌山県 740人 5.2年

 

全国の平均年収よりも高水準の地域は「大阪府」「京都府」「兵庫県」でした。

その数字通り、「大阪府」は保育者数も多く、勤続年数も長いです。 一方、「京都府」は勤続年数は全国平均を大きく上回っているにも関わらず、保育者数が圧倒的に少ないです。

兵庫県は大阪府と保育者数がそれ程変わらないにも関わらず、勤続年数は全国平均を下回っています。

一概に「給料が良いから続く」「給料が良いから保育士不足ではない」という訳ではないのです。

関西圏内の保育園の待機児童数

給与が良いから長続きするという訳ではなく、1年でも1日でも長く保育の仕事を続けるためには、「働きやすい環境」というのが必要です。

一概に「これが働きやすい環境」という答えはなく、各園独自のやり方で、保育士確保や、保育士が長く仕事を続けられるような配慮を行っています。

一園ずつ働きやすい環境かどうかを調べることは不可能ですが、各地域の「待機児童数」を見れば、ある程度の働きやすい環境かどうかを知ることができます。 関西圏内の「待機児童数」を表にまとめました。

都道府県 待機児童数(全国平均455人)
大阪府 1124人
京都府 11人
兵庫県 522人
滋賀県 441人
奈良県 191人
和歌山県 10人

同じ関西圏内の保育園でも待機児童数にはかなりのばらつきがある事が分かります。 保育者数の多い「大阪府」ですが、待機児童数は全国平均を大きく上回っています。

それでも勤続年数が長いという事には、やはり給与面が良いという事が作用しています。

しかし、注目すべきは「京都府」です。

給与面がかなり良い、しかし保育者数が少ない、そして平均勤続年数がかなり長いというデータが出ていますが、これから分かる事は、かなり「働きやすい環境」という事です。

待機児童数が「11人」という事は、京都府内の子どもに対して保育所が足りているという事を示しています。

なので、2700人という一見少ないように思える保育士の数ですが、京都府としては保育士が足りているという事を指しているのです。

関西圏内の転職事情

各保育園の「働きやすい環境」作りの取り組みは調べる事は難しいですが、各都道府県の平均年収、平均勤続年数、待機児童数からある程度推測する事が出来ます。 関西圏内の転職事象を細かく紹介します。

大阪府

「大阪府」は、平均年収や平均賞与が高水準という点から、やはり勤続年数も全国平均より長めです。

保育者数が多いにも関わらず、これだけの待機児童数を抱えているという事は、まだまだ保育士が不足しているという状況です。

大阪府は高待遇な上、保育士の需要が多いので、比較的「自分の希望する条件が探しやすい」でしょう。

京都府

「京都府」は、保育士としての年収や賞与は、全国トップクラスの水準です。

その為、勤続年数も長く、「入れ替わりが少ない」というイメージです。

勤続年数の長さから、「働きやすい環境」という事は伺え、京都府で転職を考えるとなると、「狭き門」となるでしょう。

兵庫県

「兵庫県」は、平均年収や賞与は全国平均よりは若干高い水準、保育士の数も大阪府に次いで多いですが、勤続年数が短いです。

待機児童数も全国平均よりやや多いという点から、「給与が良くても、保育士としての業務は多い」という面が見受けられますが、全てがほぼ全国平均なので、兵庫県内にしても地域の差が見られるでしょう。

兵庫県で保育士として働こうと考えるなら、比較的「自分の求める条件の職場が探しやすい」でしょう。

滋賀県

「滋賀県」は、平均年収、賞与も全国平均よりは低い水準で、待機児童数も全国平均に近い数字ですが、勤続年数は以外と全国平均に近い水準にあります。

この数字から見える事は、給与が安くても、何かしら働きやすい環境が整っているうという事が考えられます。

保育士の数が少ないと待機児童数も増えるというのが一般的で、そうなると保育士一人に課せられる業務が多くなる為、勤続年数も自ずと短くなります。

しかし、滋賀県は保育士の人数も多くなく、待機児童数もそこそこいる、そんな中で勤続年数が全国平均に近いという事は、保育士一人ひとりの業務負担を減少させる取り組みなどに力を入れているという事が考えられます。

滋賀県で保育士として働こうと思っている際は、給与面ではなく「働きやすさ」をメインに考えると良いでしょう。

奈良県

「奈良県」は、滋賀県とほぼ同じような数字ですが、滋賀県に比べて給与面が若干高い水準で待機児童数が少ないにも関わらず、保育士の数が少なく、勤続年数も短いです。

この数字から単純に、保育士の数が少ない為、保育士一人ひとりに降りかかる仕事量が多いという事が考えられます。

それも、奈良県内の地域によって大きく異なるでしょう。

和歌山県

「和歌山県」は、待機児童数が少ない割には、関西圏内の中で、一番勤続年数が短いです。

このことから、和歌山県の保育士事情としては、「入れ替わりが激しい」という事が伺えます。

しかし、和歌山県内の全ての保育園が、「低い水準」とは限らないので、「入れ替わりが激しい=チャンスもある」という風にとれるでしょう。

 

まとめ

一般的に「保育士の給料は安い」と認知されています。

もちろんそれは現実的なことでありますが、保育環境や地域によっては、保育士の全国平均の年収よりも高い、働きやすいという事があります。

転職を考える際に、自分の希望する条件を満たす地域もあれば、そうでもない地域もあるように、昨今の保育業界は一概に説明できない部分があります。

しかし、今回のように、平均年収や勤続年数、待機児童数から見ると、ある程度の保育事情の「地域性」が見えてきます。

そんな中で、保育士として働く、転職を考えている人の参考になればと思います。

「厚生労働省の平成28年賃金構造基本統計調査の統計データ」参考

 

関西の保育士の転職は【保育求人ラボ 関西】

転職相談はこちらよりご相談ください。