転職の新しい考え方【パートから正規職員雇用という方法】

更新日:

パートから正社員になる方法

転職しようと考えている保育士さんに一つの方法としておすすめしたい、パートとして勤務してから正社員雇用を目指す方法をお伝えします。

保育士の仕事を辞める理由で1位になるのが人間関係。

給料や休日日数等はある程度求人票で見極めることはできますが、人間関係だけは入ってみないとどうにもなりません。 人間関係で辞めた、転職しようと考えている人に一つの方法としておすすめしたい、パートとして勤務してから正社員雇用を目指す方法をお伝えします。

 

保育士の転職理由のほとんどが人間関係

保育士という仕事は職場的に女性の人数が圧倒的に多く、人間関係で悩む人は多々いるかと思います。

クラス担任を持てば嫌でも相手に合わせなければならないし、保育観が違っていても子どもの手前反論するわけにもいかない……。モヤモヤを抱えたまま1年間過ごす事も珍しくありません。 せっかく子どもが好きで保育士という仕事に就いたのに、人間関係で悩むほど馬鹿らしいことはないですよね。

ですが、人間関係は見学だけでは気づけないもの。主任も園長もはたまた普通の保育士も、お客さんが来れば態度は変わってきます。人間関係に悩まないために、実際に筆者も行ったパートから正社員雇用になるという手もあることを知っておいてくださいね。

 

パートと正規職員はどこが違うのか

パートも正規職員も雇用主はその保育園を運営している企業や法人になります。 根本的な違いはパートは時給制に対し、正規社員は月給制。 そして、子どもに対する責任のあり方が違ってきます。

パート職員はあくまでも正規職員の補助であり、書類を書いたり行事を立案したり……という事はほとんどありません。 また、正規職員と比べるとお休みも取りやすく、勤務時間も自由が利きます。

 

パートから正規職員を目指すメリット

パートから正規職員になるには、雇用主の許可が必要ですが、保育士不足が叫ばれる現在、難しい事ではありません。 長く務めたいと考えているのであれば、いきなり保育園に正規職員として入職するのではなく、パートから勤務することでたくさんのメリットがでてきます。

メリット1:園の事がわかる

パートとして働くことで園の内部の事を理解することができます。 パートの場合正規職員ほど責任のある仕事を任されることは少ないので、クラスの補助に入ったりフリーとして入ったりすることが多いです。 保育園で働くことで、行事が多い、土曜日の代休がない、園長はあまり出勤しない、有給をとっている社員が少ない……という事も、働いていればおのずと見えてくるもの。

この保育園はあわないなと感じれば、正規職員と違って比較的辞めやすいので年度末や学期末を目途に転職する事もできます。

メリット2:人間関係がわかる

パートの場合勤務時間を固定で働く場合もあるのですが、希望すれば遅番や早番などにも対応してくれます。 早番や遅番は勤務している保育士の人数も少ないので、相手の事を知るチャンス。

正規職員よりは立場が弱い自分に対して、扱いがぞんざいではないか。他の先生が「○○先生むかつくよね」なんていう悪口を言われているような先生がいないか……。人間関係の様子は働いているとだんだんわかってきますよ。

人間関係の良い職場は、働いていて雰囲気も良いし楽しいもの。この保育園でなら働ける!と感じたら正規職員になればいいのであって、微妙なら無理をしなくても大丈夫です。

メリット3:サービス残業の有無がわかる

人間関係以外にも保育士を辞めたい理由に挙げられるのが仕事量の多さ。 子どもをみなければいけないにも関わらず、その日中に仕上げなければいけない書類も多く、休憩時間がとれなかったり、持ち帰って仕事をしたり……。 早番で出勤しても閉園時間まで仕事をする。しかも無給。 なんていう事も保育業界ではよくあります。

遅番の勤務をしている時に帰らず残っている先生はどのくらいいるのか。 万が一残っている先生がいても、後輩は先に帰る事が出来ているのか。 働くうえでサービス残業は避けたいものでもあるので、見極められると良いですね。

また、行事前の残業率も確認してみましょう。行事前に残業が多くなるのは、この仕事をしている以上ある程度は覚悟しておいた方が良いもの。 ですが、残業が多くなったからといって無給扱いなのか、残業代がしっかり出るのかは別問題です。

私が実際にパートで働いていた保育園では、行事前閉園時間が過ぎても準備で残っている保育士さんが大勢いましたが、給料は出ず、無給でした。 夜遅くまで働いていて、残業代がでないのはおかしいと思いもちろん正規職員になるのはお断り。

次に勤務した残業はあれどしっかりお給料を払ってもらえる保育園で正規職員に雇用してもらいました。 遅番の先生が早く来て仕事をしているなんて言う場合もあるので、チェックしてみてくださいね。

保育士の転職の1つの手として利用するのもあり

パートとして一度勤務をしているので、その保育園の事を理解することができるのが一番の魅力。

いざ働き始めてから「こんなはずではなかった」という状態を回避することができます。 しかし、パートであるがゆえに、給料が少ないのも事実。転職活動をするのであればある程度期限を決めて取り組みましょう。 自分がより働きやすい環境に出会えると良いですね。

保育士の転職は【保育求人ラボ 関西】 こちらよりご登録ください。