保育士は無資格でもなれる?保育補助の仕事内容や資格取得方法!

更新日:

保育士は無資格でもなれる職業です。他業種から保育士へ転職しようと考えている方のために、今回は無資格の保育士が「保育補助」として働く際の主な仕事内容や給料、メリットを解説します。保育補助から保育士資格を取得する方法も一緒にチェックしていきましょう。

 

資格のない方は「保育補助」として働ける

保育園で正社員として働く場合は、保育士資格が必要です。しかし、非常勤であれば無資格でも保育士として働けます。無資格の保育士は「保育補助」として、正社員の保育士をサポートするのが一般的です。保育を積極的に進めるのではなく、保育の準備や片付けなど、間接的に保育へ関われるので、負担を感じることなく仕事を続けられます。

 

保育補助の仕事内容

保育補助の主な仕事内容

  • 子どもの登園時の補助(検温・遊びの見守りなど)
  • おもちゃの片付け
  • 朝の会・帰りの会の準備
  • オムツ替え
  • 給食やおやつの準備・援助
  • 午睡の援助
  • 清掃やおもちゃの消毒
  • 洗濯
  • 備品の整理・手配
  • 降園時の補助(保護者対応・見送り)

 保育園では、積極的に保育を進める「リーダー」と、環境設定を行う「サブ」に分かれています。基本的に、保育補助はサブとして、リーダー(正社員の保育士)をサポートする役目です。例えば、リーダーが子どもたちを見守っている間に、保育補助は次の活動に必要な机やいすを配置したり、道具を用意したりします。リーダーの保育士が子どもたちを次の活動へ促すときは、保育補助は後片付けを行い、その後保育に合流します。そのほか、清掃や洗濯、備品の管理など、細々した業務も保育補助の仕事です。

 

有資格者の保育士との違い

有資格者の保育士、いわゆるリーダーと保育補助は指導案や週案、イベントの企画書の作成や日誌、個人票の記入など、クラス運営に関わる業務をこなします。一方、サブである保育補助は書類作成が業務に含まれていません。

基本的に、掃除や雑用などを担います。もちろん、保育園によっては連絡帳の記入程度なら、任されることもあるでしょう。ただ、子どもの育成にまつわる重要な書類や保護者との個人面談など、責任が重大な業務は有資格者であるリーダーが受け持ちます。

 

保育補助の勤務形態

無資格の保育士が保育補助として働く場合の勤務形態は、パートやアルバイトがほとんどです。もちろん、有資格者でも希望すれば保育補助として働けます。ただ、無資格の場合は正社員として採用されることが少ないので、正社員を目指すなら資格取得を視野に入れた方がよいでしょう。

保育園の中には、入社後に保育士資格を取得することを前提に、無資格の保育士を採用するケースもあります。時間や給料、仕事内容を踏まえて、自分の働きやすい勤務形態を選びましょう。

 

保育補助の給料

保育園の中には、無資格者と有資格者によって時給が異なるケースも少なくありません。とはいえ、保育補助の時給は通常のアルバイトよりも高く設定されていることがほとんどです。保育士向けの求人では、保育補助の時給は1000~1500円です。高時給を狙うなら、都心部の保育園で働くことをおすすめします。

 

保育補助として働くメリット3つ

保育補助のメリット

  • 時間に融通が利く
  • 少しずつ経験が積める
  • 残業や持ち帰りの仕事が少ない

リーダー保育士とは異なるメリットがありますので、それぞれのメリットを詳しくチェックして、保育補助という働き方への理解を深めていきましょう。

 

①時間に融通が利く

保育補助は正社員とは違い、基本的にパート・アルバイトという勤務形態なので、時間に融通が利きます。もちろん、保育園によって「最低○○時間は出勤してほしい」という要望や、固定のシフトが決まっているケースもあります。

ただ、家事や勉強などが忙しい場合、「午前中だけ出勤」「午後だけ出勤」と働く時間を設定できるので、家庭や学校と仕事を両立できるでしょう。

 

②少しずつ経験が積める

保育補助はリーダーとは違い、指導案や個人票などの書類作成もなく、保育の環境設定や雑務がメインの仕事です。そのため「いきなり保育を任されて、責任重大な立場に立たされる」という心配はありません。

リーダーの動きや子ども・保護者との関わり方を近くで観察できるので、保育士としてのスキルやテクニックを参考にできるでしょう。無理なく、自分のペースで経験を積みたい方にはぴったりです。

 

③残業や持ち帰りの仕事が少ない

残業や持ち帰りの仕事少ないのは、保育補助の大きなメリットです。ほとんどの書類作成は正社員であるリーダー保育士が担当するので、書類の締め切りに追われることもありません。保育補助が行事の企画・運営をするケースも少ないので、「行事の準備で家に帰れない」ということもないでしょう。

 

保育補助から保育士資格を取得する方法

保育補助は非常勤として雇われることが多いので、収入面や安定性を望む方は保育士資格を取得してから、正社員として働くことをおすすめします。保育補助として働きつつ、保育士資格を取得する方法は次の3つです。

保育士資格の取得方法

①通信で保育士資格を取得する

②保育系の学校に通う

③資格取得支援を取り入れている保育園で働く

 それぞれの資格取得方法から、あなたに合った取得方法を選んでください。

 

①通信で保育士資格を取得する

「働きながら自分のペースで勉強したい」という方には、保育士資格取得対策を実施している通信講座利用する方法がおすすめです。通信講座はスクールよりも費用がかかりませんし、何より自分の好きな時間に勉強できるのが大きなメリットです。

スクールに足を運ぶ必要もありません。実技や演習はカリキュラムに含まれていませんが、実務的な内容は保育現場で学べます。

 

②保育系の学校に通う

保育系の専門学校・短大・大学に通えば、卒業と同時に保育士資格が取得できます。同時に幼稚園教諭免許も取得可能です。ただ、通学する必要があるので、働きながらだと難しいかもしれません。

保育補助のアルバイトとして働くか、あるいは夜間の学部で勉強して、昼間はパートで働くという選択肢も入れておきましょう。

 

③資格取得支援を取り入れている保育園で働く

なるべく早く正社員として働きたい方には、保育士資格の取得支援を取り入れている保育園で働く方法がおすすめです。保育園の中には、無資格者でも社保完備の上、勤務できる施設もあります。

保育園を経営する会社や法人が連携している資格者養成講座を受講して、保育士試験に合格すれば、晴れて有資格者として働けます。この場合の受講料は保育園側が負担してくれるケースが多いので、費用を抑えつつ資格取得したい方にもぴったりです。

 

保育士は無資格でもなれる!いろいろな働き方を視野に入れよう

無資格の保育士でも、保育補助として現場で働けます。保育補助はリーダー保育士をサポートする役割で、リーダーの保育士がスムーズに保育を進めるために欠かせない存在です。時間に融通が利きますし、残業や持ち帰りの仕事も少ないので、負担なく続けられるでしょう。

保育園の中には、資格取得支援を実施している施設もあるので、将来的に正社員の保育士として働きたい方は、求人をチェックするときに「資格取得支援あり」と記載された求人を選びましょう。

 

保育士さんの転職サポートは【保育求人ラボ 関西】

【保育求人ラボ 関西】は専門のアドバイザーがあなたに合った保育園・幼稚園の求人をご提案させていただきます。

ご不安な点やご希望などしっかりとヒアリングさせていただき、サポートさせていただきます。まずはお気軽にお問い合せください。

【保育求人ラボ 関西】

お電話でのお問い合わせ:0120-87-9991

ラインでもお気軽にお問合せください。