保育士になるには〜資格取得の方法をわかりやすく解説〜

更新日:

保育士になるには〜資格取得の方法をわかりやすく解説〜

「保育士資格」は保育園や福祉施設など幅広い現場で生かせる資格として大変注目されています。社会人や主婦の中には「資格を取りたいけど方法が分からない」と疑問に思っている方もいるでしょう。保育士資格取得方法は2通りありますが、社会人や主婦の方におすすめしたいのは「通信教材」です。それでは、通信教材のメリットや保育士試験の受験条件、合格率などをチェックしてきましょう

保育士の資格取得方法は大きく分けて2通り

保育現場で働く際に必要な「保育士資格」。もちろん、パートやアルバイトであれば無資格でも働けますが、正社員として働く場合は資格が必要です。保育士の資格取得方法は主に2通りあります。

・保育系の学校を卒業する

・保育士試験に合格する

それでは、 それぞれの取得方法について詳しく見ていきましょう。

①保育士養成学校を卒業する

一番スタンダードな資格取得方法です。「保育士養成学校」とは厚生労働省に指定された、保育士資格が取得できる大学・短大・専門学校を指します。2~4年学校へ通い、指定の科目・課程を履修すれば卒業と同時に保育士資格がもらえます。保育士資格と幼稚園教諭免許は科目・課程が重なっているので、この2つの資格・免許を同時に取得する学生も少なくありません。

②保育士試験に合格する

もう1つの方法は、保育士試験に合格することです。一定の条件を満たし、なおかつ筆記試験と実技試験をクリアした方だけが資格を取得できます。保育士試験は科目が多く、専門的な知識も必要になるので、合格するためには勉強が必要です。勉強方法は主に2通りあります。

・通信講座やスクールで学ぶ

・独学

通信講座では、オンラインの講義映像や音声、テキストなどを参考にして学習します。講師によるフィードバック、サポートもあるので「独学だと不安」という方にもぴったりです。

また、保育士試験対策を目的としたスクールに通うのも1つの方法です。ほかの受講生と一緒に授業を受けられるので、「みんなで頑張りたい」という人には向いているでしょう。

そのほか、自分で教材を集めて独学で勉強する方法もあります。費用を抑えながら自分のペースで勉強したい方にはおすすめですが、実技対策が難しいというデメリットも。メリット・デメリットを知った上で、自分に合った勉強方法を選びましょう。

社会人・主婦が保育士の資格を取得するなら「通信講座」

「社会人・主婦が保育士の資格を取得するなら、通信講座がおすすめです。

【通信講座のメリット】

・自分のペースで学習できる

・働きながら、子育てをしながらでもOK

・スクールよりも料金が安い

通信講座は自宅にいながら、自分のペースで学習を進められます。働きながら、あるいは子育てしながらでも無理なく勉強できます。保育士資格取得のためのスクールよりも費用が安いケースがほとんどなので、学習費用を抑えたい方にもぴったりです。

独学で保育士資格を取得できる?

「通信講座を利用せず、自分で教材を買って独学で勉強する方法もありますが、あまりおすすめしません。確かに、独学は通信教材よりも費用が抑えられるケースもあります。ただ、保育士試験での「実技試験」への対策が練りづらいというデメリットも。音楽や美術などの実技が得意な方は別ですが、自信がない方は一度第三者から習うのをおすすめします。

保育士試験の内容や受験に必要な条件

「通信講座を利用せず、自分で教材を買って独学で勉強する方法もありますが、あまりおすすめしません。確かに、独学は通信教材よりも費用が抑えられるケースもあります。ただ、保育士試験での「実技試験」への対策が練りづらいというデメリットも。音楽や美術などの実技が得意な方は別ですが、自信がない方は一度第三者から習うのをおすすめします。

筆記の内容実技の内容
  • 保育原理
  • 教育原理及び社会的養護
  • 子ども家庭福祉
  • 社会福祉
  • 保育の心理学
  • 子どもの保健
  • 子どもの食と栄養
  • 保育実習理論
  • 音楽表現に関する技術
  • 造形表現に関する技術
  • 言語表現に関する技術

 

 

 

筆記試験では保育原理や教育原理を始めとする9科目の中から160問出題されます。マークシート形式で、100点満点のうち60点以上を取れば合格となります。 一方、実技試験では音楽表現・造形表現・言語表現の中から2つを選びます。音楽表現ではピアノやギターで指定された楽曲の弾き語りをして、造形表現では絵画、言語表現では子ども向けの素話などが行われるケースがほとんどです。上記3種類に実技試験は50点満点なので、それぞれ30点以上を獲得すれば合格できます。

保育士試験のスケジュール

保育士試験は年2回開催されています。開催日は毎年変わるので、「一般社団法人 全国保育士養成協議」の公式ホームページをチェックしましょう。 ちなみに、令和3年度の保育士試験に日程は以下の通りです。

前期試験後期試験
    筆記試験:令和3年4月17日(土)・18日(日)
    実技試験:令和3年7月4日(日
    筆記試験:令和3年10月23日(土)・24日(日) 
    実技試験:令和3年12月12日(日)

保育士試験を受ける場合は、試験日の3~6カ月前には「保育士試験受験申請の手引き」を取り寄せて、受験申請の手続きを済ませておきましょう。

保育士試験の受験資格

保育士試験の受験資格(条件)は少々複雑です。「一般社団法人 全国保育士養成協議」の公式サイトでは、受験資格が最終学歴によって規定されています。ただ、基本的には義務教育や大学・短大・専門学校を卒業していれば受験は可能なので、安心してください。それでは、詳しい条件をチェックしていきましょう。

最終学歴条件
大学・短大を卒業した場合(在学中含む)

・保育課程と関係のない大学・短大を卒業しても受験資格あり

・在学中でも受験資格あり

・大学中途退学の場合でも2年以上在学して62単位以上修得済みであれば受験資格あり

専門学校を卒業した場合(在学中含む)

・学校教育法に基づいた専修学校であること

・卒業した課程が修業年限2年以上専修課程であること

※上記2つをクリアしていないと受験資格なし

高卒の場合

・学校教育法に基づいた専修学校であること

・卒業した課程が修業年限2年以上専修課程であること

※上記2つをクリアしていないと受験資格なし

中卒の場合 ・児童福祉施設で5年以上かつ7200時間以上の実務経験があれば受験資格あり

年齢制限はありませんので、上記に当てはまる人はいずれも受験可能です。ただ、例外やグレーゾーンもあります。詳しくは「一般社団法人 全国保育士養成協議」の公式サイトにてチェックしてみてください。

保育士試験にかかる費用

保育士試験にかかる費用は、合計で12,950円です。

【保育士試験費用の内訳】

・受験手数料12,700円

・受験申請の手引き郵送料250円

受験手数料は郵便窓口で支払います。ATMでは振り込めないので注意が必要です。

保育士資格の合格率

保育士試験の実施状況(平成29年度)では、受験申請者62,555人のうち合格者は13,511人でした。つまり、合格率は21.6%になります。やはり国家資格というだけあって、合格率は若干低めの印象です。

まとめ

保育士資格の取得方法は「保育系の学校を卒業する」「保育士試験に合格する」の2通りあります。保育士試験は国家資格であり、合格率が21.6%若干低めなので事前の対策が必要です。通信講座やスクール、もしくは独学で学習して、本番に備えましょう。

 

参考:厚生労働省「保育士試験の実施状況(平成29年度)」

   一般社団法人 全国保育士養成協議会

 

保育士さんの転職サポートは【保育求人ラボ 関西】

【保育求人ラボ 関西】は専門のアドバイザーがあなたに合った保育園・幼稚園の求人をご提案させていただきます。

ご不安な点やご希望などしっかりとヒアリングさせていただき、サポートさせていただきます。まずはお気軽にお問い合せください。

【保育求人ラボ 関西】

お電話でのお問い合わせ:0120-87-9991

ラインでもお気軽にお問合せください。